FC2ブログ
2018年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック投票お願いします!!⇒ 人気ブログランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年06月01日(日)

「築地魚河岸三代目」人気漫画を映画化

5月に発表された「水産白書」によると、日本人1人当たりの魚介類消費量は、
2001年の年間40キロをピークに、06年には32キロまで減少したという。

さらに今の子供が好きな魚料理は「刺し身」で、苦手なのは「煮物」

刺し身は食べやすく、煮物は骨をとるのが面倒なのが理由。
“魚離れ”は深刻だ

「少しでも“魚離れ”を食い止めたいんです。
 どうしたら簡単に、おいしく魚を食べられるか、そのコツを伝えたい

こう語るのは、東京・築地の魚料理店
「魚河岸三代目 千秋」の店主、小川貢一さん(51)。

築地市場に生きる人々の姿を描いた人気漫画『築地魚河岸三代目』の原作監修者だ。
この7日には松竹から同名映画が封切りとなる


詳細な記事はこちら

【続きを読む】

映画の冒頭、主役の大沢たかおさんが、
「千秋」でキンメの煮付けをうまそうに食べるシーンがある。
もちろん、小川さんが用意した料理だ。

小川さんはかつて、漫画の主人公と同様、築地の仲卸業者「堺静(さかしず)」の3代目。
魚を知り尽くした“目利き”のプロだ。

築地といえば“日本の台所”と呼ばれ、水産・青果合わせて約900の仲卸業者がひしめく。
水産部門の取り扱いは毎日2000トンを超え、世界最大級だ。

そこの仲卸は、卸売業者(大卸し)から商品を買い付け、
市場内の仲卸店舗で小売業者に販売するのが仕事となる。

江戸時代初期に東京・日本橋に出現した魚河岸が、
1923年の関東大震災で焼失し、35年築地に移転。

「そのとき流通機能が細分化され、仲卸が増やされた」。
今の築地の仲卸に3代目が多いのは、移転のころに創業した業者が多いからだという。

家業を継いだのは、高校を卒業して、米国に1年半留学した後。
父親との約束を守り、「帰国した翌朝から長靴履いて仕事してました」

「毎朝4時40分から競り。午後は、取引先の魚屋やスーパーで手伝い。
 そのとき実際にお客に接して、“魚離れ”を実感しました」。

魚を食べたくても料理法が分からない、という声の多さに歯がゆさを感じていた。

転機は33歳のころ。
声優やエッセイストとして活躍する平野文さんと結婚し、
魚に関するコラムなどの監修を始めたことがきっかけで出版社とかかわりができた。

そして2000年5月、『築地魚河岸三代目』の連載がスタートした。

高級魚である必要はない。手間をかける必要もない。
安い魚をいかにおいしく食べるか。

築地独特の文化・習慣や魚の知識とともに、
身近な魚介を最もおいしくするコツが満載された漫画は大人気となった。

「若い人たちに、魚の魅力を分かりやすく伝えたい」と願う小川さんにとって、
漫画は非常に有効な手段だった。

魚の味を堪能するには、生きている魚をその場でさばく「活魚料理」が究極にも思えるが
「正直、鮮度の良すぎる魚はうまいとは思わない。
 魚のうまみは、時間をおいてアミノ酸が醸成されることによって出てくる。
 その奥深さを味わってほしい」と小川さんはいう。

築地の仲間や漫画関係者たちと、「おいしい魚が食べられる店を作ろう」と、
04年12月に「千秋」を開店。

今や、漫画のファンも多数訪れる人気店になっている。
魚料理と小川さんの魚談義に魅せられた常連も多い。

「『三代目』を読んで魚に親しみを感じてくれたり、魚を食べたくなる人が多いんだそうです。
 それがとてもうれしい」(小坂真里栄)
                   ◇
【用語解説】築地魚河岸三代目
単行本累計売り上げ280万部を超える同名の人気漫画を
映画化した話題作(原作・はしもとみつお、鍋島雅治、監督・松原信吾)。
7日から全国公開。

脱サラした元商社マン、赤木旬太郎(大沢たかお)が、
恋人(田中麗奈)の実家である築地魚河岸の仲卸「魚辰」を手伝うことになり、
悪戦苦闘しながら成長していく姿を描いた。

築地市場の全面協力で、実際の営業時間に市場内で撮影。
「魚辰」のセットでは周囲約10軒の店並みを再現。
魚を築地からトラックで直送して撮影するなど、活気あふれる“リアルな築地”が見どころだ。
                   ◇
【プロフィル】小川貢一
おがわ・こういち 1956年、東京・築地生まれ。

高校卒業後に米カンザスシティーへ留学、帰国後は家業を継いで築地市場の仲卸に。
小学館「ビッグコミック」に2000年5月から連載している
漫画「築地魚河岸三代目」で監修を務める。

父親の他界をきっかけに03年7月に仲卸「堺静」が廃業。
現在は築地の魚料理店「魚河岸三代目 千秋」「同 はなれ」の店主を務める。
参照:Yahoo!社会ニュース

苺嬢も昔は「お魚」よりも「お肉」が大好きでしたΣ(ノ∀`*)ペチッ

それが20歳くらいで「焼肉」を食べると胃もたれを感じるようになり
「お刺身」が1番おいしいと思えるようになりました♪

25歳になった今は、刺身よりも「焼き魚」がウマイ!!w

年と共に好みも変わってきました( ´ー`)フゥー...
あと5年後・・・苺嬢の1番好きな食べ物は何なんだろう?w

スポンサーサイト
クリック投票お願いします!!⇒ 人気ブログランキング

16:41  |  エンタメニュース  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

HPやブログのURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://strawberry0518.blog39.fc2.com/tb.php/450-4be8360a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。