FC2ブログ
2018年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリック投票お願いします!!⇒ 人気ブログランキング

--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008年06月02日(月)

アル・ゴアの『不都合な真実』オペラに

アメリカの元副大統領アル・ゴアが、地球温暖化に警鐘を鳴らす
ドキュメンタリー映画『不都合な真実』が、オペラとなって再び気候変動を訴える

オペラ版『不都合な真実』は、
イタリアの作曲家ジョルジオ・バティステリが音楽を担当し、
2011年からミラノ・スカラ座で公演予定。

バティステリは、ヴェローナにあるアリーナの元芸術監督で、

デイヴィス・グッゲンハイム監督による環境ドキュメンタリーを、
そのメッセージ性を損なうことなく舞台に置き換えると話している。


詳細な記事はこちら

【続きを読む】

「物事を違った視点、新しい光の下で見られるようになる。
 
 フランシス・ベーコンの絵画やシドニー・ポラックの映画を見たときに、
 今世紀が抱える問題を明確に認識できるようになるのと同じように」
とバティステリは豊富を語っている。

本作は1年前から企画が進行しており、
1861年にイタリア王国として統合してから150年を記念する国家行事のなかで、
スカラ座が進めている公演の1つだ。

オペラの伝統として、バティステリは登場人物の数を減らすものと見られている。
スカラ座が誇るコーラスは採用され、ゴア役のキャラクターも残るだろう。

北イタリアに位置するヴェローナは、
現在ヨーロッパの中で最も汚染されている都市の1つといわれている。

しかし、 2015年に開催される万国博覧会をミラノで主催する後押しをするゴアは、
緑あふれる町に変えられると語っている。

バティステリは、05年のシェイクスピア作品「リチャード3世」を含め、
多くのオペラで活躍してきた。

彼はまた“The Embalmer”(05)や“The Cenci”(97)などの舞台作品にも
多くの楽曲を提供している。
両作品とも、ロンドンの先鋭的な劇場アルメディア・シアターで初公演された。

また、プロデューサーの1人は、
ゴアに期間限定でブロードウェイに出演して欲しいむねオファーを持ちかけているという。

同プロデューサーが目指しているのは『不都合な真実』をベースにした、
複合的レクチャー&プレゼンテーションのような舞台。
しかし「このようなステージは、まだ実現化しそうにない」と現実的ではないようだ。
参照:Yahoo!エンタメニュース

2011年ということで、まだまだ先ですねぇ(;つД`)
スポンサーサイト
クリック投票お願いします!!⇒ 人気ブログランキング

18:07  |  エンタメニュース  |  TB(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

HPやブログのURL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://strawberry0518.blog39.fc2.com/tb.php/475-295fb90f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。